なんだかんだ言っても…

 

 今更ながらの話題で恐縮です。
 何だかんだで、トヨタは気を吐いてますね。
 2年前でしたか、ランドクルーザー70の限定再販。
 今回のハイラックスの復活は限定では無い、レギュラーモデルなので意気込みを感じます。
 しかも、2.4Lディーゼル。
 細かな事を言えば、国内では大柄なボディ(1ナンバー、全長5m)であったり、AT、小うるさい電子デバイスがもれなく付いてきてしまうとか。
 でもそこら辺は世の流れとして致し方有りませんか。。。
 ただ、実用ユーザー向けのMT、未塗装黒バンパー、ナロウ・ボディ(4ナンバー)、シングルキャブ(≒ロングベッド)等々。
 その線で、250~270万円のローグレードが有れば販売台数は間違いなく伸びるでしょう。切に願います。
 実際、その先代含むピックアップトラックの異常な中古車価格が如実に物語ってます。 
 (逆輸入から彼の地では普通に売られていますから(http://www.toyota.co.th/en/model/hilux_revo_standard_cab)、
 でも下手したら、その数年前の再販ランクルでダブルキャブピック(GRJ79K)のユーザーが流れるのではないでしょうかね。
 (と言うことは、中古車市場でダブついて値崩れするのかな?)

 私はニッサン党で、アンチトヨタでした。
 ただ、ご存知の様に過去にセルシオに乗って、今現在高機動ダイナに乗って、弟がグランビアに乗る様になって、食わず嫌いだったかと思い直しています。
 逆に言えば、昨今のニッサンの体たらくを見ると歯がゆくてなりません。
 ニッサンには我々が欲しくなる様な四輪駆動車今は有りません。
 エクストレイルが有ると言う人も居るでしょうが、トランスファーも無いのはともかく、条件付四輪駆動でFF(4WD)と言った所。
 たまたま購入した会社後輩の話を聞いて失望しました。

 ニッサン・ファンなのでこんな事を書きました。
 しかし、四駆ファンとしては、1車種でも多く四輪駆動車が増える事は喜ぶべき事です。
 フロント独立懸架を毛嫌いする人も今や少ないでしょう。それどころか、トランスファーは2.5倍確保されていたり、中排気量ディーゼル四駆、何より国産唯一のピックアップトラック。
 又、奇しくもジムニーの新型も、前後リジットアクスルで登場しそうで。明るいニュースが続きました。
 私的には、何年か先中古車で購入出来るこなれた価格範疇になったら、買ってみたい…そんな気に久しぶりにさせる話題でした。

[PR]
# by ka2piro4 | 2017-09-18 20:17 | etc | Comments(4)

気が付けば…

 トラックが2台に。。
 ドッケントラックの大と小。
     
f0374987_21332778.jpg
 サンバーさんリコールだそうです。。。

[PR]
# by ka2piro4 | 2017-09-14 21:34 | etc | Comments(0)

こんなところに。。

 8月は過ぎて9月になりましたが。。。
 こんな所にハチをディスカバリー。。。
     
f0374987_21272581.jpg


[PR]
# by ka2piro4 | 2017-09-14 21:29 | Discovery1 | Comments(0)

やっぱり純正サイズ

 お盆休みは世間並みにありましたが、今年は天候不順。
 何をするにも雨が気になります。 青空ガレージでは尚更。。。
 そんな中、カングーの夏タイヤをやっとちゃんとした物に交換しました。
     
f0374987_23022854.jpg
 今まで暫定で使用していたTTサンバーのお上がり(?) 155R13では外径が大き過ぎました。
 特にエアコンを使うと出だしの回転の心許なさが倍増されてしまいます。
 更には、155では細身のせいかコーナーでタイヤが撚れる感が否めません。
 そこで、初心に立ち返って純正サイズにしてみる事にしました。
 純正サイズは165/70R13。
 このサイズは本当にリーズナブルで4本セットでも新品に手が出せます。
 私的には少し贅沢して。。。しかし日常的なファーストカーですからヨコハマ・ブルーアースを奢りました。
 送料込みで4本15,000円弱。四駆タイアでは考えられないな~。
 ホイールは純正を流用。
 長野県で使うには中途半端な Vector 4season はヤ○オクで処分しましょう。
 (下手したらお釣りが来るかな…と妄想)
 モチロンこのサイズですから手組で無問題。
     
f0374987_23022897.jpg
 オフセットも修正されて見た目も良くなりました。
 一皮剥ける迄は慣らしとなりますが、しかし交換直後から出だしの良さ、乗り心地の改善は明らかです。
 ワインディングでのより自然なコーナリングも好感がもてます。
 交換して良かったと思いました。燃費も改善されそうです。
 そして、今まで使ってたタイヤ・ホイールは…
     
f0374987_23022813.jpg
 元鞘でTTサンバーに戻しました。
 ただ、TTにもこのサイズでは少し大きい感じがするんだよな。
 やはりベストは145R13ですが、こちらは来シーズンに修正しますか。

[PR]
# by ka2piro4 | 2017-08-16 23:17 | Kangoo | Comments(0)

似て非なるもの

f0374987_20524964.jpg
 信州高機動車オーナーズクラブの派生部会? リダクションハブ部会のミーティングが急遽開催で馳せ参じました。
 …いえ、だいぶ誇張は有りますが(笑) 流れで大型四駆愛好家の先輩とお会いする機会に恵まれました。
 その筋では知る人ぞ知るマニアなお方ですが、本日は同じトラックのウニモグ416でお見えになりました。
 気象庁の梅雨明け宣言をあざ笑う様に連日梅雨空で危ぶまれましたが、奇跡的にその1~2時間小康状態を保ち実現となりました。
 色々と積もる四方山話しがメインですが、気軽に愛機のウニモグの試乗を勧められて、調子にのって二つ返事で運転させて頂きました。
 この頃のウニモグは元来純然たるワークホースなのですが、この頃のは当にそのままで機械を操る感じに溢れています。
 大変貴重な体験をさせて頂きました…同時に"何時かは乗りたい車"リストに新たに加わったのでした(笑)
 しかし、こればっかりは車両価格から迂闊に手を出せません=文字通り桁違いです。(本当に運が良ければ淡い願いは叶うのでしょう。。。)
 そんな戯れ言はともかく。
 古来の中排気量=5600ccディーゼルは、クラッチ繋いだ感触からエンジン音はディーゼルフェチをくすぐります。
 見た目と裏腹に、取り回しが良い,小回りが効くのも侮れません。
 一方で、シフト操作は今の車と違い、車両のエンジン、ミッションレイアウト優先の位置から決して容易と言う分けにはいきません。
 しかし、それを「郷に入りては郷に従え」で理解出来れば運転は存分に楽しめます。
 今時の電子制御全盛の真逆をいく、メカニカルな仕掛けの全盛の頃の車を楽しめます。

 コレを乗ってしまうと、私の高機動ダイナなどは普通の車。 運転はベリー・イージーの一言に尽きます。
 逆に、それがこの車両の生い立ちなのですが… (そこら辺は某C誌にかな・笑)

 同じリダクションハブなれど、ウニモグはリジット、一方こちらは独立懸架。 
 どちらが優れてるなど断言は出来ません。シチュエーションで異なりますから。
 自衛隊直系の高機動車は米国のHMMWVをベースとするならば、ウニモグベースのリジットも積載優先なればアリだった気がします。
 車に限った事では無いのですが、日本の工業製品の幾つかはオリジナルをコピーしてそれを上回るレベルで再現する能力は素晴らしい物が有ります。
 この高機動車しかり。
 一方で、オリジナルの素晴らしい物を生み出す力は非常に弱いんですよね。そこら辺が寂しく思えます。

 話しが逸れました。
 そんなこんなで、日欧の名車の見比べ、乗り比べをさせて頂いて,して頂いて。そんな貴重な時間はアッと言う間でした。

[PR]
# by ka2piro4 | 2017-07-30 21:22 | Dyna_BU297 | Comments(4)